膝の痛みを自分で解消

ずばり膝の痛みに効くツボはここ

2016/07/06

膝の痛みは春から夏にかけてが多い?

春から夏にかけて、膝の痛みが強くなってきます。薄着で身体が冷えてしまうのも、原因の一つです。日頃の疲れをたくさんためてしまったり、運動不足で血行不良になるというのも考えられます。

膝の痛みには注意が必要です。軽いものから、重度のものまであります。しかも、腰と膝は関係性が深いです。治療では、腰痛改善のために、膝のツボを指圧する方法もあります。実際、膝の痛みを感じている患者さんは、腰の血行が悪くなっている事も多く、腰を治療しない限り、膝も改善されなくなります。

そこで今回は、腰痛のためにも、膝の痛みにも使えるような便利なツボをご紹介します!

委中(いちゅう)

委中(いちゅう)とは、膝周りに炎症がある時でも、無理なく使えるスポットです。予防としては、風呂上がりに、治療としては一日3回以上指圧するのがいいです。ゆっくりと、じっくり指圧してあげましょう。

腎兪(じんゆ)

腎兪(じんゆ)とは、腰ばかりではなく、全身の疲れが表れるスポットでもあります。指圧して、健康状態を知る目安にもできるでしょう。

このスポットを指圧してみて気持ちいいと感じる場合には、疲れがたまり始めている証拠となります。疲れをそのままためてしまうと、それだけもっと症状がひどくなってしまいます。この場合、早めに休息をとる事によって、疲れを癒していく必要があります。

疲れも解消され、腰痛も避けられるようになるでしょう!

-膝の痛みを自分で解消